総合葬祭あんのん

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宗旨宗派を問いません そして地域も・・・。

創価学会友人葬のお手伝いが続きました。

 加須市北川辺で、久喜市菖蒲で、、、

 自宅で、公営斎場で、、、

 地域の友人達としめやかに、参列者を制限せずに、、、。

それぞれの考え、送る想いを大切に、
    あんのんはご希望をかなえます。
         何なりとご相談下さいませ。
スポンサーサイト

| こんなご葬儀を行いました。 | 16:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公営「メモリアルトネ斎場 小式場」でのお葬式

広域利根斎場組合
メモリアルトネ斎場 小式場を利用しまして
                    お式を行いました。


メモリアルトネ斎場 小式場 K

華美な装飾は故人様らしくない
    喪主様からは、清楚なご用意をご希望でした。

ご遺影廻りに、お花でいろどりを添えて白木の式壇に温かみを加え
ご用意しました。  
もちろん、故人様を偲ぶ色合いで彩色。


故人様のご冥福を心からお祈り申し上げます    合掌

             ㈱べっこうや 総合葬祭あんのん スタッフ一同




アドバイス:
トネ斎場では、白木式壇が常設されておりますので、費用を軽減し
お式をお手配、ご提案する事が出来ます。
弊社にどうぞ、おまかせ下さいませ。

トネさん以外でも祭壇を常設している式場は多々ございます。

 一例として 敬称略
埼葛斎場、県央みずほ斎場、さしま斎場、にちりんホール、銀杏ホール
弊社、栗橋あんのんホール




| こんなご葬儀を行いました。 | 14:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

栗橋 迎盛院お檀家様 桔梗殿ホールでお葬式

栗橋 八福神の弁財天
 久喜市伊坂
「真言宗 智山派 迎盛院 様」 葬儀ホール桔梗殿にて、
お檀家様のご葬儀をお手伝いしました。


桔梗殿1

家族葬が多くなり、式場看板の利用も省略され少なくなりましたが、
お家の一大事のお葬式です  
  代々継承されてきた紋所、家紋を入れた式場看板をホール正面に


桔梗殿2

送る想いをお花で…
 
 お花が好きだった故人様、
 黄色が闘病中の故人様と家族をつなぐ希望の色
 だったと喪主様からお聞きしました 


桔梗殿3

  亡き人を想い出話で偲ぶ
       お席供養 通夜ふるまい


 



故人様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

             ㈱べっこうや 総合葬祭あんのん スタッフ一同

 
 
弊社 総合葬祭あんのんは、迎盛院様と提携をさせていただき、
桔梗殿ホールでのお葬式を、お手伝いさせていただいております。
ご安心して、ご相談お任せくださいませ。

控え室・お料理のお席に、和室用の椅子が用意されました。
ゆっくり、ゆったりとお過ごしいただけます。

| こんなご葬儀を行いました。 | 15:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お葬式をしない「火葬のみ・直葬」

お葬式をしない 火葬のみ 直葬

様々な理由と、それぞれ状況のなか、
     お葬式を行わず「火葬のみ」を選ぶ事も出来ます。


例えば、-
 住んでいる場所ではなく、親類・縁者の多い故郷でお葬式を希望する場合。
 医療費などががかかりすぎてしまい、お葬式の費用が用意できない場合。
 遺言で「お葬式はしないでくれ」と望まれた場合。

火葬のみとは言っても、火葬の当日はもとより、前日に時間をつくり、家族だけ
又、親しいご友人などを招き、しっかりお別れをする事も出来ますし、やり方や
考え方次第で、心のこもったお別れにする事は可能なんです。
規模や費用をかける事が全てではありません、

「あんのん(安穏)」では、ご希望にあったお別れを、ご提案いたします。


この後、写真でのご紹介は、
病院から直接弊社安置室でお預かりし、儀式は行わず火葬場へ直接送る
直葬をご希望されたご葬家のお別れの場景です。

 1枚目は、場所を
 2枚目は、ゆっくりとお別れの時間を
 3、4枚目は、縁あってのお立会い、私達もご一緒にご供養を

あんのん(安穏)では、出来る限り送るお手伝いをさせていただきます。
場所、時間、等々 許すかぎりしっかりと、

大切な方との最期のお別れですから。


荘厳

喪主

お別れ

線香

心よりご冥福をお祈り申し上げます

職員一同 合掌

| こんなご葬儀を行いました。 | 10:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご葬儀を終えて、

こんにちは。
 総合葬祭あんのんです

 今回は、ご葬家様よりご了解をいただきまして、
ご葬儀のご様子をご紹介させていただきます。

最近では、
古来よりのご荘厳、「白木祭壇」だけでなく、その祭壇上に、きれいな
お花をあしらい、お送りするその方らしさを、ご希望のお花や色合い、
デザインなどで表現させていただいた、双方の良い点を融合させた
式壇がよく選ばれております。

 ご覧ください。

その前に、
 一番目と2番目のお写真についてですが、

 ご希望により、「家族葬」を選ばれました。
参列者を限定し、式場は使用せず、ご安置和室で菩提寺様からの
お読経をいただきまして、ご出棺そして火葬場で荼毘、お戻り頂き
ました後は、お寺の本堂にて「葬儀ご法要」を1日葬として行いました。

菩提寺さまからのご理解とご配慮で、直葬では無い、温かい送り方
をかなえる事が出来ました。 送る想いと創意工夫でいい形は見つけ
られます。 どうぞ、どんな事でもご相談下さい。 
経験とまごころで、お力になります。



1 通夜 安置室 has

2 告別 寺   has

 
 
様々なご希望から創られた、お花の祭壇をご紹介いたします。

祭壇 花 1 あんのん大 yaj

祭壇 花 60 あんのん 大 OGA

祭壇 花 2 あんのん小 fuj

祭壇 花 2 あんのん小 oot 

祭壇 花 2 あんのん小 tak

祭壇 花 3 あんのん小 end 

祭壇 花 3 あんのん大 ara

祭壇 花 3 あんのん大 isi

祭壇 花 3 あんのん大 kak

 
メモリアルトネ小ホールを利用しました。

祭壇 花 3 トネ小   kur

祭壇 花 3 あんのん大

 
ご法事「四十九日忌」でのご利用でした。

祭壇 白木  法事 あんのん小 ara



ご葬儀式の中心である祭壇だけでなく、
         思い出コーナーもおすすめしております。

 ご趣味の品々や遺品・遺作を展示し、
         亡き人を想いいおこし、語り合う場所として創ります …。

その場所で、
趣味を同じくされた、ご友人様からいろいろなお話しをいただき、
参列者から「その方の意外な一面などをお伺いする事が出来た。」
やってよかった。
そんなお話しをよくお聞きます。

手作りではありますが、ご葬家の方と一緒に創ります。
  

思い出コーナー0 

思い出コーナー1

思い出コーナー2

思い出コーナー3

思い出コーナー5

思い出コーナー7

思い出コーナー6




各コーナー・設備をご覧ください。

 お引換所 
 香典返しを、お渡しする場所です。 
お品をご注文いただければ、係の者をお付けし、ご対応いたします。 

ご葬儀は急な事、参列者の数はなかなか読めません。
 弊社では、安心頂くため、少し多めのご用意をお勧めしております。
勿論、ご精算は、お使いになられた数量だけですのでご安心下さいませ。

日程が合わず、葬儀後ご自宅へのご弔問も多々あります。
しばらくの自宅置きも、ご対応させていただきますのでご安心ください。

設備 引き換え所

ご記帳所
 記入しやすい高さの台を用意しました。

設備 記帳


帳場 受付・会計所
 お手配できない場合は弊社でも受けたまわります

設備 受付


お清め所
 開式前は、控え室として、
 お通夜式の後は、通夜振る舞いのお席として。 
 ご葬儀後は忌中払いのお席として。

 30席、60席、100席でのお席のご用意、立食スタイルでは、
 200名様以上の対応も行います。

設備 清め所 小

設備 清め所 大


式場大看板です
 ご葬儀は、お家の一大事。 
家紋を大事にされる方は、まだまだ多いです。

 ※ 家族葬では、看板を出さないケースが多いです。 
   
桧9尺 紋 花飾り大

桧9尺 紋なし 

桧看板 家紋

布9尺 紋 トネ 

布9尺 紋なし






ご協力いただきました、ご葬家様へ。

お写真の掲載をご了解、ご理解下さいまして誠にありがとうございます。
心より感謝申し上げます。
掲載に問題がある場合は申訳ありませんが、ご連絡下さいませ。
すぐ対応いたします。

大切なお方様のご冥福を心からお祈りいたします。      合掌


㈱べっこうや 総合葬祭あんのん




| こんなご葬儀を行いました。 | 17:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。